teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


剛毛に関して3

 投稿者:たもつ  投稿日:2008年11月21日(金)17時17分4秒
返信・引用
  除毛したいのですが、主治医もナースも美容外科に行ってほしいといいます。
どうしたらいいでしょうか?
いい病院を知りませんか?
けれんさんが通っていたら教えて下さい。
痛くないのがいいです。
実は痔を持ってます。深刻な悩みです。

僕は、けれんさんと飲んでいる薬や薬量が似ています。
どうか、剛毛の副作用に関して悩み相談してください。
頼みます。
 
 

剛毛に関して2

 投稿者:たもつ  投稿日:2008年11月21日(金)17時13分50秒
返信・引用
  ナースも、同じような悩みを持つ患者さんがいるといっています。
けれんさんはどうですか?悩みを持つ人いたら教えて下さい。
 

薬の副作用での剛毛

 投稿者:たもつ  投稿日:2008年11月21日(金)17時12分5秒
返信・引用
  実は、校門の周りにケツ毛がビッシリ生えて困っています。
主治医に聞いたら「薬の副作用に増毛作用がる」というのです。
しかし、校門の周辺はタワシ並みにすごいことになっています。
どうしたらいいでしょうか?
けれんさんも悩んでいませんか?
 

Re: しんどいのは躁なんですよね。

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 6月11日(水)17時34分45秒
返信・引用
  > No.125[元記事へ]

こんにちは。お返事遅れてすみません。

> でも今日をとりあえず最後に、会う事をしばらくやめようと言おうと思っています。
> 前述した通り、元旦那は統合失調症なので、どう解釈するかがわからないのですが、お互いのために一旦、距離を置こうと決意しました。
事情は分かりませんが、体調の安定さをまず第一にすることが最優先だと思います。

>又、私は先週、障がい者枠でハローワークで仕事をみつけました。病気の友達も大切ですし、病気でない人との関わりを持ちたいと思い、就職先をずっとさがしていました。
社会的な活動(参加)は慢性疾患にとって必要なことだと思っています。

> 躁や鬱に関係なく、自分を確立していきたいと願っているのです。ただ躁は自分で発見しにくいので少し不安があります。
症状の発見については主観的判断が鈍るために周りの人の意見(医師を含む)が最後の決め手になりますね。但し、自分なりに項目をあらかじめ書き出して診断基準を持っておくことはあさることなく客観的に判断できると思います。

> 私は躁状態の時の方がしんどいです。必要以上のエネルギーを使っているので自分でも『ウワーッ』となってブレーキが利きにくいんです。
> ブレーキという武器がほしいです(汗)
薬しかないんですが、メジャーですと飲む量の加減もありますのでその辺は試行錯誤だと思います。

またどうぞよろしくお願いします。
 

しんどいのは躁なんですよね。

 投稿者:さとやん  投稿日:2008年 6月 8日(日)12時11分26秒
返信・引用
  > No.124[元記事へ]

こんにちは。今日は別れた旦那と会う約束をしています。最近、元旦那は軽躁状態(私は躁状態に思えるのですが)で何だか会うのが怖いんです。
でも今日をとりあえず最後に、会う事をしばらくやめようと言おうと思っています。
前述した通り、元旦那は統合失調症なので、どう解釈するかがわからないのですが、お互いのために一旦、距離を置こうと決意しました。又、私は先週、障がい者枠でハローワークで仕事をみつけました。病気の友達も大切ですし、病気でない人との関わりを持ちたいと思い、就職先をずっとさがしていました。
躁や鬱に関係なく、自分を確立していきたいと願っているのです。ただ躁は自分で発見しにくいので少し不安があります。社会復帰といい響きですが、それなりの不安は誰にでもあるものなんでしょうね。
私は躁状態の時の方がしんどいです。必要以上のエネルギーを使っているので自分でも『ウワーッ』となってブレーキが利きにくいんです。
ブレーキという武器がほしいです(汗)
 

Re: うつへの転換

 投稿者:さとやん  投稿日:2008年 6月 3日(火)17時36分6秒
返信・引用
  > No.123[元記事へ]

けれんさん、早速返信有難うございます。
何度も鬱への波に乗ったり躁の大波に乗ったりと、自分だけではないとわかってはいるものの、『ツライさん』がやってきます。幸いドクターには恵まれていて薬を微調整してもらったり、どうしようもない時にはPSWの方にもお世話になっています。
グルグルとした日々がいつになったら落ち着くのか、これは誰にもわかりませんよね。薬とうまく付き合って(ホントは素敵な異性とお付き合いしたいです;)、自分で自分を、現実を把握するしかないなぁと思っています。
しかしまぁ、躁でも鬱でも『焦り』が付き物の私、脳を休める事がホントにできてるのかと自問自答してしまいます。
明日は通院日です。先生とよくよくお話して気持ちのいい受診をしてきますね。
 

うつへの転換

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 6月 3日(火)17時09分40秒
返信・引用
  こんにちは。
うつへ変わっていくとき、潮が引くような抗いがたい力で落ちていくのは本当に辛いですし、ギャップも耐え難いです。
ある程度は薬で下支えするしかないのかなと思っています。
精神力ではどうしようもないなと思っています。それから高低差があるんだと客観的に考えるようにしています。
 

ツライ時たくさん

 投稿者:さとやん  投稿日:2008年 6月 3日(火)16時28分39秒
返信・引用
  初めまして。双極性障害Ⅱ型と一応診断されています。
去年、統合失調症の男性と結婚をし、たったの3ヶ月で離婚をしました。離婚届を出して翌日、私は入院しました。それなのに別れた元主人は毎日のように「さみしい」「つらい」などと携帯に電話してきました。それは私のセリフだぁと軽躁状態に(汗)。約1ヶ月ほど入院し、退院してからも離婚したのに「会いに来て」とか「つらい」だとか・・・。振り回される破目に。
でも今週、私の誕生日を一応最後に会わない事をつたえようと思っています。お互いが治療に専念できず、またツライ日々を送らないためにも距離を置く方が正しいと考えています。
元主人は17年来の友人でもあるので、いつかまた笑って会える日が来る事を望んでいます。そして自分自身が幸せであることが何よりも1番大切な事だと思うので、心のリハビリを兼ねて暫く好きな事をおもいっきりしたいのです。その中にひょっとしたら再婚もあるかもしれませんし、1人でのんびりしてるかもしれませんし、病気が悪化してるかもしれませんし、再びキャリアウーマンになってるかもしれません。
1人がツライとあまり感じない私なのですが、いざホントの別れを切り出すのに少し寂しさも抱いています。切り出さないとわからない事なのですが、今の私(軽躁状態です)から鬱のスパイラルに落ちていくかもと考えると不安です。躁から鬱に落ちていく時がツライのですが乗り切る方法を独自にされている方、又は同様にツライと感じている方のご意見をお聞かせ頂けたらと思います。
 

Re: 養生のコツ

 投稿者:裏方  投稿日:2008年 4月17日(木)09時46分36秒
返信・引用
  > No.119[元記事へ]

けれんさんへのお返事です。

> ばっさり捨てました(笑)。この捨てるというのも"程々に"捨てればいいのですが。
>
> あと"サーフィン"は病気自体とのつきあい方ですが、仕事とのバランスという
> 復職して少ししてから後の課題があると思っています。
> 休みを突然取ったりすることになってその罪悪感を受け入れられないという
> ことに私はつまずいています。まだ受容が足りないのでしょうがなかなか
> 切り替えられません。その辺は個々の割り切り力かも知れませんね。

 ほどほどにができないのがこの病気の問題なのでしょうね。
 家内にも「あなたには0(たとえば会社を辞める)か1(たとえば徹底して
 体を鍛え、出世する)しかないの?」と良く怒られます。

 0的発想になるとそれが際限なく続き、1的発想になるとそれが際限なく続
 いていく。

 波なのだから本来は、中腹もあれば、山頂を越えれば下りもあるはずなのに、
 自分で勝手に上り(下り)続けているような感覚です。

 どこかの記事で、この病気はその時の気分で物事を考えるから、残酷な病気
 だと言うことを書いてありました。

 じっくり内省をする余裕が持てないと、まさに、本来の波を飛び越えて、
 サーフィンではなくジャンプになってしまうのでしょうね。

 これから復職に向けて、気を引き締めていかねばなりません。
 そして、なによりも、休職中の経験を活かし、規則正しい生活をして、
 内省をする時間的余裕を持つべきなのでしょう。

 私は、日記に気分のアップダウン状況とその時の感情や思考、出来事を記録し
 ているので、これと見比べながら判断する必要がありそうです。
 

Re: 養生のコツ

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 4月13日(日)09時41分54秒
返信・引用
  > No.118[元記事へ]

裏方さんこんにちは。

>  双極性障害という病気である事を知らない時は、何かおかしいなと思いなが
> らも、人間関係で異常に衝突したり、無理な仕事を続け、体調が悪いと悩んだ
> り、逆に自分が超人のように思ったりしていました。
確かに私もTOPスピードで仕事に打ち込んでいました。どうして
そうしなければならなかったのか。それは当に、

『>  しかし、無理をすることが美徳であり、それで自分は出世してきた・・・競争
> 社会賛美のようなものがあったと思います。』
だと思います。この面は否定できないと思います。美徳=自己肯定なのかも
知れません。競争をてこにする行動はどうも躁うつと関係がありますね。


>  そのことで、やっと、プライドを捨てられた感じです。
病気と上手くつきあう上でプライドを捨てることはプラスになると私も思います。
ばっさり捨てました(笑)。この捨てるというのも"程々に"捨てればいいのですが。

あと"サーフィン"は病気自体とのつきあい方ですが、仕事とのバランスという
復職して少ししてから後の課題があると思っています。
休みを突然取ったりすることになってその罪悪感を受け入れられないという
ことに私はつまずいています。まだ受容が足りないのでしょうがなかなか
切り替えられません。その辺は個々の割り切り力かも知れませんね。

いつもその明快な分析に感服しています。
 

Re: 養生のコツ

 投稿者:裏方  投稿日:2008年 4月12日(土)18時13分33秒
返信・引用
  > No.116[元記事へ]

けれんさんへ

> > 実際、「あ、今、躁だ、もうじき、鬱になる」と認識できるようになった
> > だけでも、大分以前より変わったと思っています。
>
> 確かに、確実に認識できれば安心です。それさえできれば慢心さえなければ、
> 今後病気と上手くつきあっていけそうですね。

 双極性障害という病気である事を知らない時は、何かおかしいなと思いなが
らも、人間関係で異常に衝突したり、無理な仕事を続け、体調が悪いと悩んだ
り、逆に自分が超人のように思ったりしていました。

 しかし、無理をすることが美徳であり、それで自分は出世してきた・・・競争
社会賛美のようなものがあったと思います。

 当初、躁鬱の波にほんろうされていた頃(休職3ヶ月ぐらい)は、まだ自分
の病気が認められず、会社に戻って早く遅れを取り戻そうと焦っていました。

 休職が2年たった今は、自分の本当の姿が見え、会社に復帰しても2年休ん
だ事実は消えないんだと、認識できるようになりました。
 そのことで、やっと、プライドを捨てられた感じです。

 健康を失うという大失敗をしたわけですから、それを反省してこれまでとは
異なる仕事の仕方をすれば良いのでしょう。
 これが次の目標だと思っていますが、それがサーフィンすることなのかもし
れません。もちろん、できるかどうかがチャレンジですが。
 

Re: はじめまいて・・・

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 4月12日(土)16時48分23秒
返信・引用
  > No.115[元記事へ]

はじめまして。
> 私は、単極鬱ですが今は病状も治まり、
> 仕事にもフルタイムで9時5時で働いてます。
> 当初は、軽躁じゃないかと心配もされて、
> 躁鬱じゃあないかと思うときもしばしばあります。
うーん、難しそうな状態ですね。

> 関西オフ会でぜひお会いしたいです。
> よろしくお願いいたします。
私は在職の方の病気とのつきあい方を知りたいので
ぜひ詳しくお話を聞きたいですね。
では楽しみにしています。
 

Re: 養生のコツ

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 4月12日(土)16時45分46秒
返信・引用
  > No.114[元記事へ]

裏方さんはじめまして。

すみません。掲示板からの通知がうまくいってなくて遅くなりました。

読まれたのですね。あの本
私はよく理解(というか共感)できなかったのですが、裏方さんの感想を見て
少し理解が進みました。

> 全体的な展開から見ると、躁鬱の波が治まった後の養生の仕方を書かれて
> いたのですね。
確かにそういうことですね。

> その過程で、結局は無理をして人間関係を壊したり、家族に迷惑をかけ、
> お金も残っておらず、一番大切な自分の健康さえも害していたのですね。
自分の一番気持ちいいことを無理せずすること、これが大事ですね。

> 今は躁鬱の波がある事がわかったので、サーフィンをすると言う意味が
> 判った気がします。
私も意味は分かるのですが、それを上手く実行できるかは??(笑)です。

> 実際、「あ、今、躁だ、もうじき、鬱になる」と認識できるようになった
> だけでも、大分以前より変わったと思っています。
確かに、確実に認識できれば安心です。それさえできれば慢心さえなければ、
今後病気と上手くつきあっていけそうですね。

またよろしくお願いします。
 

はじめまいて・・・

 投稿者:のり。メール  投稿日:2008年 4月11日(金)19時20分13秒
返信・引用
  hebosugiさんとこから、
参りました。
私は、単極鬱ですが今は病状も治まり、
仕事にもフルタイムで9時5時で働いてます。
当初は、軽躁じゃないかと心配もされて、
躁鬱じゃあないかと思うときもしばしばあります。
関西オフ会でぜひお会いしたいです。
よろしくお願いいたします。
 

養生のコツ

 投稿者:裏方  投稿日:2008年 3月17日(月)16時45分15秒
返信・引用
  けれんさんへ

はじめまして

双極性障害Ⅱ型、53歳、休職1年7ヶ月です。

神田橋先生の「精神科養生のコツ」を読みましたが、
躁うつ病の所があまり書いてなく、ちょっと、がっかりしました。

また、養生の方法の中に、「自惚れです。寄付をしたり、社会的に
貢献したりしていい気分になる等も健康法です」と書かれていました。
激躁の人が散財して社会的地位を失う危険があるのに・・・と思いましたが、
全体的な展開から見ると、躁鬱の波が治まった後の養生の仕方を書かれて
いたのですね。

自分の人生の過去の疑問に当てはめて考えてはっとしました。

神田橋先生は「自分が気持の良い事をするという感覚を失ってはいけない」
「どういう状況が自分にとって気持が良いことかを認識しよう」
と言われているのです。
考えてみれば、自分は、本当は気持が悪いはずなのに、人に褒められようと、
無理をして躁でぼろぼろになるまで仕事をして来たのです。

4日間連続業務とか、月200時間残業とか、24h業務7h睡眠の
繰り返しを1~2ヶ月繰り返す等・・・

妻や子供にもいいところを見せようと転職を4回、家は9回転居(売買4回、
1回は1ヶ月で転売)

その過程で、結局は無理をして人間関係を壊したり、家族に迷惑をかけ、
お金も残っておらず、一番大切な自分の健康さえも害していたのですね。

今は躁鬱の波がある事がわかったので、サーフィンをすると言う意味が
判った気がします。

実際、「あ、今、躁だ、もうじき、鬱になる」と認識できるようになった
だけでも、大分以前より変わったと思っています。
 

Re: 波乗り

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 1月11日(金)23時09分40秒
返信・引用
  > No.111[元記事へ]

こんばんは。

> 躁うつの人は自分で波をコントロールしようとするけどそもそも無理なの
> 要は、サーフィンのように波乗りする感覚をイメージすることが大切なのよ

波は必ず来ますからね。確かにコントロールするものではないのかも知れませんね。
服薬の上で、出てきた波にどう対処するかという(モデルや指南書はあまり知りませんが)スキルを何とか身に付けたいものですね。

http://keren.client.jp/

 

波乗り

 投稿者:koh  投稿日:2008年 1月 9日(水)20時16分51秒
返信・引用
  こんばんは。
神田橋先生の言葉で印象に残ってる一言
躁うつの人は自分で波をコントロールしようとするけどそもそも無理なの
要は、サーフィンのように波乗りする感覚をイメージすることが大切なのよ
とおっしゃってました。クスリや認知療法や気合で乗りきるとは違った考え方で
ずいぶん聞いてるこちらが気分的にラクになりました。
 

Re: Mr.Kandabashi

 投稿者:けれん  投稿日:2008年 1月 8日(火)23時26分30秒
返信・引用
  > No.109[元記事へ]

kohさん

こんばんは。
臨場感あるリポートですね。その場にいるかのような気になりました。
たくさんの患者さんを診てきたのでしょうね。職人なのかも知れませんね。

いずれにせよ、一定の納得が出来る結果で良かったですね。
書き込みありがとうございました。

http://keren.client.jp/

 

Mr.Kandabashi

 投稿者:koh  投稿日:2008年 1月 8日(火)01時08分27秒
返信・引用
  最初見た感じと声はホントおじいちゃんでしたが、
診察始まると70才とは思えないと素早さで診察が
進みあっという間に10分くらいが経過しました。
まぁまず診療情報提供書と服薬履歴リスト見て、真っ先に
「双極Ⅱ型、うーん、リーマス・・・リーマス・・・リーマス。。。
あまり合ってないよ。デパケンもあんまり合ってないね」と。
これまで数年間毎日飲んでた薬をカンタンに否定された。
いきなりでちょっと淋しい感じでした。そして「うーん、
コレコレ(薬をかざしながら)、はい、これを飲んで、リボトリール」と。
気分安定薬はリボトリール50mg×3T(眠前1回)になりました。
「あー、これリボトリールはてんかんの薬で躁うつではレセプト
通らんのよねー、外国では普通に使っとる薬なのにー」と。
あとは漢方薬はいろいろかざしたりOリング試してみて
「四逆散」に決定(実は2週間前漢方薬局行って四逆散処方されてた)
他は「ドグマチールね」と、やっぱりドグマが合うらしい、「300mg合うねぇ、
でももう150mgでいいでしょう」ということに。
睡眠薬はマイスリー出したいけどー、レセプト通らんからねー鹿児島県は
財政悪いのよー。だからうーん、アモバンね」と以上でした。
とりあえず報告。
リボトリール(クロナゼパム)は
「精神科薬物治療を語ろう―精神科医からみた官能的評価」や
「双極性障害の治療スタンダード」に効く人がわずかにいるとのこと
でしたがまさか自分がそうとは思いませんでした。
皆さんもいろいろ悩む前にDr.Kandabashiに
 

こんばんは。

 投稿者:けれん  投稿日:2007年12月30日(日)00時00分20秒
返信・引用
  kohさん。
いつもコメントありがとうございます。

私も「双極堂」という自サイトを構成するページ(http://myshop.7andy.jp/myshop/keren)内で神田橋先生の「精神科養生のコツ」を紹介しています。斜め読みしただけですが、精神疾患への切り口がユニークで、こういう対処もあるのだなと感心した記憶があります。

是非、印象とか得るところがあれば支障のない範囲で教えて下さい。

さて、私のサイトは少し分かりにくくて恐縮ですが「ピアサポートでちょっと一息」でもコメント頂いていると思いますが、その件はそちらでコメントしますね。

では良いお年をお迎え下さい。

http://keren.client.jp/

 

レンタル掲示板
/13