teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アメフト・ロイヤルウェディング

 投稿者:由井  投稿日:2018年 5月23日(水)18時41分59秒
  今日は一日中雨でした。趣味の畑もナスやキュウリ、トマトなどおおかたの植え付けも終わって一段落という所です。
「城春にして草木深し…」ですか。いいですね。ホントに年を重ねると、栄枯盛衰というか諸行無常というか、時の移ろいというものに感慨を受けるようになった気がします。「夏草や兵どもが夢のあと…」とも。

このところテレビは日大のアメフト部の問題と英国のロイヤルウェディングの話題でもちきりでした。
アメフト問題では、加害者の選手が記者会見をして謝罪しましたが、彼の態度は立派だったと思います。学生の日本代表までした選手ですから、彼は将来、アメフトで就職して人生を送っていこうときっと考えていたと思います。いわばプロとして活躍したいと思っていたら、監督に干されてしまったら将来を閉ざされてしまうことになってしまうので、彼もきっとあせったのでしょう。しかし自らの非を悔いて謝罪したことにより、世間の同情を集めました。

反面、監督や日大の対応はいただけないねえ。伊調馨の問題もしかり、監督やコーチなどの指導陣が選手に対して大きな力を持ってしまっているのが問題だよね。選手の活躍は自分の指導や才覚あってのことだという間違った思い上がりがこんな問題を産んでしまうんだと思う。特にチームプレーの場合は選手の出場の有無を決める権限を監督が持っているので、難しいよね。

英国のロイヤルウェディングは単純におめでたいことだし、アフリカの血が入った女性が王室に入ったことは画期的だと評価したいね。そこで突然ですが「西郷どん」。奄美大島に流された西郷が薩摩の圧政に苦しめられる島民の実情を知り怒りを覚えるとともに、そんな搾取の上に自分たちの繁栄があることを知り愕然としていました。
それを観ていてちょうどロイヤルウェディングに沸くイギリス王室のことも考えずにはいられませんでした。昔から繁栄を誇ったイギリス王室。その大英帝国の繁栄を支えたのは世界に広がった植民地政策でした。インドの胡椒や紅茶、アフリカのカカオなど、原住民を奴隷として使い、圧政と搾取で富を吸い上げた結果が大英帝国・王室の繁栄に結びついていることは否めません。まさに薩摩・奄美の世界版といったところですよね。

華やかな先進国の繁栄や豊かさの裏には「後進国」(あまりいい言葉ではありませんが)の犠牲があるのです。やっと最近はフェアトレードなどの制度も確立されつつありますが、まだまだ不公平感は大きいのが現状です。そうでないといわゆる商社、例えば三菱商事の社員の平均年収が1,200万円超なんてとんでもないことは起きませんよねー。豪華な結婚セレモニーを連日伝えるテレビを観ていて、小うるさいオジサンはそんなことを感じるのでした。
 
 

誤字(^^;)

 投稿者:えこし  投稿日:2018年 5月22日(火)13時28分38秒
  収集がつかない は間違いですね(^^;) 収拾がつかない でした m(_ _)m  

薫風

 投稿者:えこし  投稿日:2018年 5月22日(火)13時18分52秒
  風薫る五月。洗濯物を干すことさえ楽しみになる爽やかな季節。スギもヒノキもpm2.5もほとんど飛んでなくて・・・こんな日が毎日続くといいな~(^^)

お花、どちらもみごとに咲き誇っていますね!綺麗です☆ 廃墟花壇は心に迫るものがあります。城春にして草木深し・・・かつては活況を呈していたであろう工場も時代の流れの中で廃墟となる。人の世は変わっても草花だけは変わることく健気に咲き続けている・・・幼い頃はただただ花の美しさに心奪われ、野草を摘んでは髪飾りにしたり、花束にしたりしたのが、最近では同じ花を見ても、込み上げてくるものが多すぎて収集がつかなくなったりして・・・(笑)

明日からはまた下り坂ですかね。今日は目一杯 爽やかな風を満喫します!
 

今年の花達

 投稿者:仲井  投稿日:2018年 5月20日(日)16時44分32秒
編集済
  画像です。
 

今年も咲いてくれました。

 投稿者:仲井  投稿日:2018年 5月20日(日)16時37分10秒
編集済
  連休も終わり、通常の生活が戻りましたね。今年はあまり天気がよくなかったですね。またその後も季節外れの暑さや寒さが交互にやってきていますが、体調を崩されてはいませんか。そんな時は地場の新鮮な食材を取り入れて乗り切りましょうね。

今年も家のバラは咲いてくれました。大したこともしていないのに、うれしい限りです。また会社近くの工場跡地にある廃墟花壇にも、花達が咲いてくれました。世話主も去り、見てくれるひとがいなくても、花達は健気に咲いてくれました。自然の力なのかな。
 

連休

 投稿者:えこし  投稿日:2018年 5月10日(木)12時25分10秒
  ツツジ満開ですね!古い木になると枝もはってとてもゴージャス!田植え前の水を張った田んぼ、懐かしくていつまで見ていても飽きることがありません。田んぼに囲まれて育ったのならともかく、何ででしょう・・・。

筍、立派ですね!お疲れ様でした。掘り起こすのにもけっこう力が要るんでしょ?腰は大丈夫でしたか?今年は筍湯がいてないなー。煮物や炒め物に入れても美味しいし、家族も喜ぶけど国産のはお値段がよくて・・・。先日、ワラビを湯がいておひたしでいただきました。自分で湯がくとなんでも美味しいですよね!

連休前半は弟夫婦が京都観光に来たので一緒に湯葉料理を楽しみました。頼りないほどあっさりしているのにけっこうお腹いっぱいになりました。後半は自宅でのんびり。撮りためた「西郷どん」観ました!数年前の大河「篤姫」と時代がかぶっているせいか、ついつい比べたりもしながら楽しみました。幾島はやっぱり松坂慶子やなぁ、とか演技力の宮崎あおい、美しさの北川景子!とか好き勝手なことばかり言いながら(笑)「篤姫」の瑛太さんや松田翔太さんも出てられますね。尾上菊之助さんの月照さんは美しくて思わず見とれてしまいます。幕末から明治の激動がどんな風に描かれていくのかこれからも楽しみです!

連休明け、楽しみすぎた次男はダウンして一日欠勤 (^^;) ディズニーランドや自然の中でのキャンプ、塾の子どもたちもそれぞれに楽しいGWを過ごし教室へ帰ってきました。夢から覚めるのにはもうちょっと時間がかかるかな(笑)
 

採ったどー

 投稿者:由井  投稿日:2018年 5月 8日(火)16時06分6秒
  連休も終わり、日常生活に戻ったとたんにジメジメと雨が続いて、ひんやりと寒い感じの日が続いています。
休みの疲れもあって体調を崩さないかと心配な天気ですね。

連休中は基本的にずっと仕事だったのですが、わずかな休みの間を利用してタケノコ掘りをしました。近所のおじいさんが竹藪を持っていて「行って好きなだけ掘れ」と言ってくれるので、帰省中の娘も一緒に家族3人で行きました。

京都の高級品!とまではいきませんが、タケノコは鮮度が命。掘りたてをすぐに湯がして食べるので柔らかくてとてもおいしいんですよ。娘も初めてのタケノコ掘りに大喜びでした。もう25歳なんですけど…
それにしても遅いでしょ。このあたりはやはり寒いのでタケノコも遅いのです。でも、ボクの住んでいるあたりはひるぜんでも「温かい」ところなんですよ。竹は熱帯原産ということで、ひるぜんではここらあたり以外ではタケノコ(いわゆる孟宗竹)は生えていないんです。岡山県のタケノコの北限というところですね。

みんなで15~16本も掘って帰りました。ボクと妻、娘なのでボクがメインの運び役でしたがこれが重かったねー。タケノコのほかにスコップやクワなどの道具類もあるので、下山が一番くたびれました・・・

写真が大きくて、恥ずかしいので「犯人風」にしましたww
 

(無題)

 投稿者:仲井  投稿日:2018年 5月 3日(木)16時44分52秒
  季節の風景です。
 

GW は如何お過ごしですか?

 投稿者:仲井  投稿日:2018年 5月 3日(木)16時39分1秒
  5月になりました。早いものです。数ヶ月前は大雪に苦しめられたわけですから。今は色んな花が咲き始め、山菜取りに出る季節になりましたね。今年の竹の子はもう食べられましたか。

何気ない日常に喜びを感じられる、素晴らしいことですね。年齢と共に感じられることが変わりつつあります。歳を取るのも悪くはないですね。

田んぼに水が張られ田植えが始まりました。昔からの風景が今年も始まりました。
 

アイロン

 投稿者:えこし  投稿日:2018年 4月26日(木)12時46分26秒
  最近は、形状記憶繊維のおかげでワイシャツなどのアイロンがけをすることも無くなり、主婦としては本当に形状記憶様々!それでも肌触りで他のものに代えがたい綿素材のワンピースやTシャツは洗濯機の中で相変わらずのシワシワ状態・・・。子育てに追われていた頃は、ちょっとくらいのシワはおしゃれやん!と自らに言い聞かせ、手アイロンでパン!パン!はい、オッケーみたいな感じでした。あ、過去のお話のように書いてしまっていますが、今でも家着のほとんどはこうです(笑)

先日、登校する娘のスカートのシワが目立ち「うわ!シワだらけ!」と本人も少々焦り気味でしたが、電車の時間もありそのまま、いってらっしゃ~い! この日以降、洗濯を干す前にアイロンがけをするようになりました。水分がたっぷりなので、湯気がシュワシュワ~っとあがり、仕上がりは上々!!特にフレアーやギャザーのスカートなどはシルエットがふんわりとして美しいです。夏場は冷房を効かせた部屋でも汗が流れ落ちる作業、でも暑い季節こそ綿や麻素材がありがたいんですよね。最近は涼しい化学繊維の開発も進んでいるようで、それはそれで素晴らしいことなのですが、やっぱり天然素材に勝るものなし!と昭和のおばちゃんは思うのです(笑)

子どもの手が離れた今でもアイロンがけなんてしている場合じゃないわ!という日もけっこうあるのですが、それでもフワッとしたワンピースで出かける娘の姿を想像しながらアイロンがけのできる日は、何かいいことがありそうな気分になります。
年を重ねると何かと不具合がでてきますが、少しずつ時間を贅沢に使うことができるようにもなりますね。私の場合、アイロンがけのような日常のほんの些細なことなのですが、自分の気の済むようにできることが少しずつ増えているように思います。この20数年、忙しさに追われ、仕方ない・・・と諦めていたことのなんと多かったことか・・・日常を自分のイメージに近い形で過ごすことは気持ちの安定にもつながりますね。ささやかですが贅沢な時間を少しずつ取り戻していきたいと思っています☆
 

レンタル掲示板
/159