teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/224 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

認知症を支えるって

 投稿者:kei  投稿日:2016年 9月19日(月)09時40分49秒
  通報
  いえ、べつに文句があるわけではないけども・・・認知症への偏見や差別がなくなれば良いと思って行動や活動は行っているけども日本全体の動きがでてくるとなんだか冷めてしまう自分がいる。世の中は認知症だけかい?って。でも、まだまだ在宅では、認知症で悩んでしまっている本人を支える家族は混沌としています。包括支援センターなどへの相談をする発想がなかったり、オレンジカフェというものの存在を知らない方がいっぱい。だから、サービスを提供する側は来る人ばかりでなく足を運ぶ発想が無い方へのことも気にかけていく活動を意識していくと良いのかなぁ。どうすれば気にかけていけるかというと、施設事業所の近隣住民と日常会話や町内会などへの関わりを個人レベルで増やしていくことですね。できないかもしれないけれど、できないから大事なんですよ。見つからない人たちはそこにいるんだから。町で支える認知症ケアの取り組みは、10年前に比べると凄いことになっています。福岡県大牟田市の取り組みを中心に見てきたのだけれども・・・良いレベルかな。しかし、それぞれの取り組みをみてみるとズレていっているのかなぁ。僕としては認知症だけかい?って思うのだけど(笑)でも、小学生への教育は今ではなくて10年後に効果が出てくるので、実は今現在でできたと思ってはいけないのだな。そのあたりが僕にとっては不服ってところ。できてる感が出過ぎっすって。本当はね。本当は、認知症で悩んでいる人を町で支えることをキッカケに昔の日本の隣近所の関わりをとり戻すことにつながれば良いなぁと。そこを目標になれば嬉しいなぁ。

http://rehabiliya-owariasahi.net

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/224 《前のページ | 次のページ》
/224