teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:179/248 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Mr.Kandabashi

 投稿者:koh  投稿日:2008年 1月 8日(火)01時08分27秒
  通報 返信・引用
  最初見た感じと声はホントおじいちゃんでしたが、
診察始まると70才とは思えないと素早さで診察が
進みあっという間に10分くらいが経過しました。
まぁまず診療情報提供書と服薬履歴リスト見て、真っ先に
「双極Ⅱ型、うーん、リーマス・・・リーマス・・・リーマス。。。
あまり合ってないよ。デパケンもあんまり合ってないね」と。
これまで数年間毎日飲んでた薬をカンタンに否定された。
いきなりでちょっと淋しい感じでした。そして「うーん、
コレコレ(薬をかざしながら)、はい、これを飲んで、リボトリール」と。
気分安定薬はリボトリール50mg×3T(眠前1回)になりました。
「あー、これリボトリールはてんかんの薬で躁うつではレセプト
通らんのよねー、外国では普通に使っとる薬なのにー」と。
あとは漢方薬はいろいろかざしたりOリング試してみて
「四逆散」に決定(実は2週間前漢方薬局行って四逆散処方されてた)
他は「ドグマチールね」と、やっぱりドグマが合うらしい、「300mg合うねぇ、
でももう150mgでいいでしょう」ということに。
睡眠薬はマイスリー出したいけどー、レセプト通らんからねー鹿児島県は
財政悪いのよー。だからうーん、アモバンね」と以上でした。
とりあえず報告。
リボトリール(クロナゼパム)は
「精神科薬物治療を語ろう―精神科医からみた官能的評価」や
「双極性障害の治療スタンダード」に効く人がわずかにいるとのこと
でしたがまさか自分がそうとは思いませんでした。
皆さんもいろいろ悩む前にDr.Kandabashiに
 
 
》記事一覧表示

新着順:179/248 《前のページ | 次のページ》
/248